お金がない、時間が無いと言う人にとって、合宿免許は非常に便利なものです。通常よりも10万円以上安い料金で利用できたり、卒業までの日数は最短で済ませられると言った魅力が合宿免許のウリでもあるので、そういった希望を持っている人はぜひとも利用した方が良いと言っても良いでしょう。

もちろん、だからと言って必ずしも合宿免許を利用しなければいけないということはありませんし、まとまった時間を確保しなければいけないと言う点を考慮して通常の方法を選択することも有効です。

合宿免許が便利で魅力的なものであることは間違いないでしょうが、だとしても「しっかりと合宿免許を理解する」と言うことを疎かにしてしまうと、思わぬトラブル・後悔に繋がる可能性があるので注意しましょう。

必ず事前に料金体系を全て把握しておくこと

格安料金がウリの合宿免許であっても、「どのような状況であっても最低料金(プランによって異なる)で卒業することが出来る訳では無い」と言う点に注意が必要です。

合宿免許ごとに詳細な料金設定は異なる為、自分が参加するものがどういった仕組みになっているのかは事前に全て把握しておくようにしましょう。と言うのも、「延長になってしまった時に追加料金が発生するのか」と言った部分は非常に重要です。

最短卒業がウリである合宿免許であっても、利用者全員が確実に最短卒業できる訳ではありません。当然ながら必要最低限度の運転技術・知識を身に付けられなければ卒業することが出来ない為、一定期間の延長が行われます。この間、日数に応じて追加料金が発生するのか、一部もしくは全てを補償してもらえるのかと言った部分はしっかりと把握しておくようにしましょう。

生活環境については出来る限りの情報を集めておく

特に女性が合宿免許に参加する場合、「期間中の生活環境がどのような形になっているのか」を確認しておきましょう。男性ならばある程度の状況には対応できる可能性が高いのですが、女性は気分的な問題以外にも様々な問題が起こる可能性があります。

割合にすると男性の参加者の方が多いことが普通で、自分自身でしっかりと防衛しなければどんな危険が待ち構えているかわかりません。その為、契約以前にしっかりと「どのような環境で生活することになるのか」を確認しておくようにしましょう。

また、最近では自分でプランの内容を選択できる合宿免許も増えています。自己選択型のプラン設定の場合、より安全性の高い環境を構築しやすくなるのでおすすめです。しかし、そのような環境であったとしても妄信せずに出来るだけの情報を集める様にしましょう。