合宿免許は、運転免許の取得費用を抑えたい人や、短期間で免許を取得したい人、環境を変えて旅行気分を味わいつつ免許を取得したい人には最適です。遠方であれば人知れず免許を取得することができるため、教習所で友人や知人と会いたくない人にも向いています。
合宿免許を実施している自動車教習所は限られているため、参加するには合宿免許を実施している自動車教習所を探し、直接連絡するかもしくはインターネット上で申し込み手続きをして、送付されてくる必要書類を確認します。
探す必要があるものの、全国には多くの教習所で合宿免許を実施しているため、選択肢が意外と多いのも特徴です。自分が旅行してみたい土地や知っている土地に限定して探すなど、選定するのも楽しみの一つと言えます。

合宿免許の申し込み方法とその手順

申し込みたい教習所が見つかったら、電話かインターネット上でパンフレットの送付を依頼します。書類の送付を依頼した場合、必ず申し込みをする必要があるわけではないため、何件かに絞った段階で書類の送付をお願いし、複数の教習所について比較検討し選択するのが懸命です。
通所したい教習所が決まり次第、実際に申し込みの連絡をします。教習所に直接連絡する方法のほか、紹介サイト経由で申し込む方法があります。申し込みの際に空きがあった場合は、正式な申し込み書類を送付してもらいます。申込書類が到着次第全ての内容に目を通し、必要事項を記入したうえで移動当日まで大事に保存しておきます。
教習代金は、クレジットカードによる支払い手続きを行うか、移動当日までに現金による入金手続きを行います。現金の場合は入金証明書を保存しておきます。

合宿免許に必要なものや交通費について

申込み書類以外に必要なものを、移動前日までに準備しておきます。必要とされるのは、身分証明書や健康保険証、印鑑、本籍地が表示されている発行日が3ヶ月以内の住民票、視力矯正器具です。これらは申込み書類と同様、忘れると入校できなくなるため、前日しっかりと確認しておきます。
このほかに筆記用具や生活用品として洗面用具、着替えやドライヤーなども必要となりますが、教習所によって異なるため、送られてきた書類を早めに確認し準備しておきます。
当日は教習所によって指定されている場所へ、時間までに到着するよう余裕を持って出発します。集合場所までの交通費は、教習所によっては上限が定められていたり、全額支給される場合もあるため事前に確認し、支給される場合は必ず領収書を発行してもらうようにします。